IBRG概要 >

島コウモリ調査グループ(The Island Bat Research Group:IBRG) は国際的に活動する学際組織です。日本や国外の絶滅の危機にある島嶼性コウモリの研究と保護に数年に渡り取り組んできました。

コンタクト >

T: +81 (0)75-753-3137

F: +81 (0)75-753-3133

E: islandbatresearch@gmail.com

© 2018 by Christian E. Vincenot.

本ウェブサイト上の写真・動画は、グループのメンバーやその友人、もしくは共同研究者により撮影されたものです。そのため、これらの写真・動画を転載する際には、権利者の許諾が必要となりますので、あらかじめお問い合わせくださるようお願いいたします。

日本国外の島嶼性オオコウモリ類の保護

IBRGは、世界中でオオコウモリ保護(英名:flying foxes, Pteropus属のfruit bat)を活発に推進してきました。こうした献身的な取り組みは、モリシャスオオコウモリ(Pteropus niger )の度重なる駆除に対する抗議活動に代表されます(下記写真参照、撮影者:Jacques de Spéville)。IBRGは科学雑誌への投稿やメディアへの取材を通して、島嶼性のオオコウモリ(Pteropus属)の状況の見直しに貢献し、科学的な根拠に基づくコロニー(群れ)管理を推奨しています。

 

Vincent Florens (University of Mauritius) とTigga Kingston (Texas Tech., USA)と共同に、2017年に世界の島嶼性オオコウモリ属 の保護状況に対するopinionated view を公表し、we demonstrated an alarming worldwide decline in this group, warned against its effect on the health of insular ecosystems, and have called for effective conservation actions to be taken immediately. 本文献は Scienceで読むことができます。

Vincenot C.E., Florens F.B.V., Kingston T. Can we protect island flying foxes? Science, Volume 355, Issue 6332, Pages 1368–1370, March 2017

We also further developed this point in an outreach paper jointly with Claudia Baider (University of Mauritius) as well as in numerous interviews to the press and radio broadcasters.

要求に応じて、文献の電子コピーは興味がある方に提供することをできます。